コラーゲンとは


コラーゲン(Collagen)とは、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成する蛋白質のひとつです。コラーゲンは、動物の体の中に一番多く含まれるタンパク質であり、タンパク質の二割から三割を占めています。その中の四割が皮膚(真皮部分の70%)に、二割が骨や軟骨に含まれています。コラーゲン(Collagen)は細胞同士をくっつけたり、体や臓器の形を支える構造材としての役割も持ちます。

コラーゲンは、様々な結合組織に、力学的な強度を与えるのに役立っています。コラーゲンは皮膚の弾力性や強度に役立っているため、美肌系サプリメントにはコラーゲンが多く含まれています。他にも、腱の主成分はコラーゲン線維がきちんとすきまなく配列したもので非常に強い力に耐えることができます。また、骨や軟骨の内部では、びっしりと詰め込まれたコラーゲン細線維が、骨や軟骨の弾力性を増すのに役立っており、衝撃で骨折などが起こることから守っています。

コラーゲンを豊富に含む食品(ゼラチン、ゼリー(増粘多糖類ではなくゼラチンで作ったもの)、牛筋、軟骨唐揚げ、鶏皮、魚皮、ふかひれ、エイひれ)などがお勧めです。とんこつスープでは、コラーゲンは熱で分解されていますので豊富に含むとはいえません。
タグ:コラーゲン

コラーゲンサプリメント


コラーゲンを多く含むサプリメントや健康食品が、皮膚の張りを保つ、関節の痛みを改善すると宣伝されていますが、その有効性について科学的に十分な証明がされていない場合もありますのでサプリメント購入の際には注意が必要です。サプリメントのほかにコラーゲンを配合した化粧品が数多く販売されていますが、コラーゲンは主に保湿剤の目的で使用されています。

コラーゲンのサプリメントには粉末のもの、タブレットのもの、ドリンクタイプのものなどがあります。サプリメントに使用されるコラーゲンには動物由来(豚皮など)、魚由来(魚鱗など)、植物由来(大豆など)のものがあります。

摂取しやすいものにコラーゲンドリンクがあります。アミノコラーゲン ドリンク(明治製菓)、フラコラ(協和)、うるおい美率 ハリつやバランス(ハウス)、つやつや新DNAコラーゲンEX(メタボリック)、アサヒ ぎゅぎゅっとしみこむコラーゲンウォーター(アサヒ)、おいしいコラーゲン(ロッテ健康産業)、明治製菓 コラーゲンC(明治製菓)などたくさんのコラーゲンドリンク商品が発売されています。

コラーゲン注入(シワの解消)


本来真皮にあるべきコラーゲンを注射で補充し、溝のように刻まれたシワを目立たなくするのが美容外科で行われるコラーゲン注入術です。皮膚の深層にある真皮を構成し、皮膚にハリ与え、タルミを抑えている線維組織がコラーゲンです。 シワはコラーゲンの産生力(生成力)が衰えて刻まれます。その刻まれたシワの部分にコラーゲンを注入することで、シワの溝が持ち上がり目立たなくなります。

注入されたコラーゲンは安定しつつ、3ヶ月〜6ヶ月の間に徐々に吸収されていきます。全く元に戻るというわけではありませんが、効果を長期間維持するためには6ヶ月間隔程度でコラーゲンの再注入を行うと効果的です。コラーゲン注入術は顔全体の治療でもおよそ2−3分で終了します。

コラーゲン注入には非常に細い針を使用し、注入剤に痛み止めが含まれていますので、あまり痛みを感じる事なく処置が受けられます。治療直後からシワの改善効果が確認できます。お化粧もコラーゲン注入2時間後から可能です。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。